世界糖尿病デー(11/14)

11/14は世界糖尿病デーとなっています。ごぞんじでしたか?

11月8日から11月14日までのあいだ、岐阜市役所や岐阜城が青色にライトアップされます。

糖尿病ってなんでしょうか?

簡単に言えば不必要に血液中の糖分が高い状態のことを言います。

血液中の糖分のことをよく血糖値と言いますが、血糖値が不必要に高い人が糖尿病ということになります。

皆さんご存知の通り、人間の体の血糖は、食事から吸収される糖分や体の中に蓄えてある糖分が元になっています。

糖分(ブドウ糖)は人間が生きていくために欠かせない栄養源であり、栄養源を効率よく各種細胞内に取り込むために、インスリンというホルモンが必要になります。

インスリンは膵臓から分泌されていますが、インスリンの絶対的分泌能が悪いと糖尿病になります。また、体の細胞のインスリンに対する感受性が低下しても、(加えて相対的なインスリン分泌能が悪い)糖尿病になります。感受性が低下することをインスリン抵抗性と言います。前者を1型糖尿病、後者をおもに2型糖尿病といいます。日本では9割以上が2型糖尿病で、1型よりも2型糖尿病の方が多く、2型糖尿病の主な原因は、遺伝的な要因もありますが、過食や高カロリー食に由来する肥満や運動不足が原因となることが多いです。

糖尿病は様々な病気の原因になります。動脈硬化の原因になりますので心臓病や脳卒中の原因となりますし、糖尿病性の壊疽といって末梢血管が荒廃して血が巡らなくなり手足が腐ることもあります。腎臓が悪くなりますので、透析などになることもあります。目も悪くなります。(失明も)神経が侵されますので、痛みがわからなかったり、手足の感覚が鈍麻したりすることがあります。痛覚や触覚などが鈍れば、怪我をしてもわからなかったりして知らないうちにひどくなる可能性があります。発がんリスクも高くなることもあります。

もしかしたら、急な糖尿病の中にはすい臓がんが原因になっている場合もあります。(すい臓がんは本当に難治ながんで辛い病気です。余命も本当に短いことが多く、とにかく早期発見の上、早期外科治療が重要な病気です。でもなかなか早期に見つからない、辛い病気です。)

 

本当にいいことがないですよね。。。。。でも食べたいし運動したくない。。。。。でも、そんな気持ちをこれを機になんとか解消しませんか?糖尿病はなかなか治らないとも言われますが、頑張って治療を行うと、薬を飲まなくても良い状態になることができる可能性があります。(それならば仮に糖尿病でも、引け目に感じることもないですし、ほとんど普通の人ですよね。)(私も人のことは言えません、そろそろ考え直さないといけないと思いますが、)みなさんも肥満や運動不足に注意しましょう。また、定期検診を受けるように努めましょう。早く見つかれば軽く済むことが多いですし、様々な合併症から縁遠い存在になり得ます。

普段検診なんか受けておられない方や病院嫌いな方、世界糖尿病デーをきっかけに、ダイエットと運動不足を解消すると同時に一度当院で尿検査や血液検査を受けませんか?あなたの肥満を責めませんし、あなたの怠惰な生活を責めません。必要なら一緒に悩んで糖尿病の解消に向けていっしょに行動しますので、どうぞお気軽にご相談ください。

 

青い岐阜城や青い市役所新庁舎を見て、自分を見つめなおす。今週はそんな1週間なのです。

 

=================================

まついファミリクリニック
内科・外科・小児科・小児外科
〒502-0813 岐阜県岐阜市福光東3丁目9番の7
TEL 058-233-2345
https://matsui-familiar-clinic.com

=================================