新型コロナ院内迅速PCR検査をはじめました。

岐阜県、岐阜市内でも少しずつコロナ感染者数も減少しつつありますが、まだまだ少なくなったとは言えない状況です。

 

デルタ株の時は確実に感染者をわりだすことが優先されると考えて、とにかく時間がかかっても正確無比な検査が1番だと思い、外注PCRが最適と考えておりましたが、現在のオミクロン株は、一般的な風邪に近い感染になり精度のみならず、RT-PCRに匹敵する実用的な精度と迅速さの両立がより重要度が増す状況となってきたと思われますので、当院も米アボット社のID NOW™を導入し、院内でPCR検査を行い、患者さんに迅速にフィードバックできるようにいたしました。

 

ご存知の方もたくさんいらっしゃると思いますが、ID NOW™はNEAR法とよばれる遺伝子検査方法を用いてコロナウイルスの遺伝子断片を13分以内に突き止めるPCR検査機器です。

 

いまの外注PCRでは最低一日、長ければ3ー4日かかり、、診断がついたときには治療開始時期を越えてしまっていたり、逆にもう症状がなく、回復してしまっていて、場合によっては診断意義が低下しかねない検査です。また、他の院内調達可能なPCR検査機器では導入しても早くても1時間はかかり、外来受診中にスピーディーに対応していくことが出来なかったり、コストパフォーマンスの点で導入が困難です。今後は治療薬が必要な方に早く診断して早く治療を開始できることが望まれる時代へと変わりつつありますので、ID NOW™はそうした時代のニーズに最適なPCR検査機器であり、患者さんにますます貢献できればと思っております。

 

陰性証明にも使えますので、自費検査になりますが、ご希望があれば、沿うことができます。

 

よろしくお願い申し上げます。

 

まついファミリアクリニック