こどもが腕を痛がって動かさない(肘内障について)

肘内障は小さなお子さんによくあるひじの怪我です。

よくあるのは、子供の手を強く引っ張ったらそのあと痛がって動かさなくなった。とか、こどもがたまたま手をついて転んでから腕を動かさなくなった。とかです。

もちろん肘の骨折や脱臼の可能性もありますが、こうした重症なけがはそれなりの外力が加わるシチュエーションでなければ、考えにくいです。

手を引っ張った後、子供の両手を引っ張って振り回した後、などに腕を痛がってあげたがらないときまず考えるべきは肘内障です。

Nersemaid‘s elbow とか pulled elbowとか言われます。引っ張ることで発症すること、忙しい子守り役がぎゃあぎゃあ騒ぐたくさんの子供を相手に思わず手をぎゅっと急に引っ張る行為が原因ということでこういう呼び方がされているのかなあと思います。

肘内障は厳密には脱臼ではありません。脱臼の人は肘関節が明らかにおかしく肘が明らかに前後にずれているので外観でおおよそわかります。

そうではなく橈骨という腕にある2本の骨の一方を固定している輪状靭帯という輪っか状の靭帯で肘の部分で固定されているのですが、これが子供のころは緩いのでがけん引された拍子に逸脱することが原因です。

治すには手術などは必要なく、簡単に整復できます。

経験上も肘内障は通常レントゲン撮影はしなくとも整復を行い子供が普通に腕を動かすようになっていればまず問題ありません。

ただ、中には肘の関節内で上腕骨が骨折したりしている外傷が隠れている可能性もありますので、受傷したシチュエーションによってはレントゲンを撮って骨折を否定します。

 

肘内障はどんな子にも(特に6歳前までのお子さん)には起こりうる怪我です。

肘内障にならないようにするためには、子供の腕や手を急に強く引っ張らないことです。

 

でも道路に飛び出そうとするわが子を思わず引っ張ったり、いうことを聞かず危険な方向へ走る子供を止めるにはやむなく腕や手を引っ張ることもありますよね。

 

腕を引っ張ったりした際にそのあと動かさなくなった。なんてときは遠慮なくご相談ください。そうした場合はたいていは肘内障pulled elbowであり整復すれば治ります。

 

=================================

まついファミリクリニック
小児科・小児外科・内科・外科
〒502-0813 岐阜県岐阜市福光東3丁目9番の7
TEL 058-233-2345
https://matsui-familiar-clinic.com

=================================