おしらせ

当院では新型コロナウイルスに対し、スタッフのマスクの着用や検温、酸素飽和度測定、発熱外来診察室の別棟完全分離、院内消毒の徹底、職場以外への不要不急の外出を自粛するなど、対策を図って、昨年春の新型コロナウイルス感染拡大当初から、発熱や体調不良患者様を不当に敬遠しない、当院ができうる限りの、“すべての人に開かれた医療”を実践してまいりました。

近年まれにみる厳しい時代、“風評被害”や“感染リスク”がそこにあっても、使命感と勇気をもって、発熱や体調不良患者様を不当に敬遠しない地域医療に取り組んできた自負がございますが、そんな我々の懸命な姿勢は報われないということなのでしょうか、誠に無念ながら、当院職員がCOVID19に感染していることが判明いたしました。

その後迅速に当院の医師を含めたスタッフ全員のPCR検査を行い、全員陰性を確認いたしました。

この結果をもって、保健所より「診療再開は可能。」との判断をいただきました。

以上をもって当院のCOVID19案件は収束しております。

いつも来院くださる患者様、関係者の方々にご迷惑とご心配をおかけいたしました。

今後とも宜しくお願いいたします。

 

まついファミリアクリニック 院長