内科(消化器疾患(便秘・下痢・過敏性腸症候群など)))

便秘はポピュラーな病気ですが、放置している方が多いと思います。反対に下痢気味で困る方もいらっしゃるかと。なかなかデリケートな問題なので病院にかかりづらいと思っておられるかとも多いかもしれません。便秘は日常生活や食生活が関与していることもありますし、ストレスが関与している場合もあります。下痢も同様の場合があります。便秘と下痢の原因に大腸癌や他の悪性腫瘍が関わっている可能性も稀ながらあります。丁寧に問診させていただき、腹部の診察、レントゲン検査、直腸診、肛門鏡検査、便潜血検査、血液検査(貧血検査、腫瘍マーカーなど)の検査を行い、腫瘍性便秘の可能性指定した上で慢性の便秘の方は下剤を処方し、定期的に通院いただき管理いたします。下痢の方も整腸剤をはじめ、必要により止痢剤を処方します。なお、通常の下剤は次第に体に薬剤耐性を生ずるため、年単位の長期服用により薬の効きが悪くなることがあります。近年、そうした薬剤不応となるリスクが低い下剤も登場してきておりますので、状況に応じて、それらに切り替えたり、最初からそちらで管理することもございます。また、大建中湯、潤腸湯、半夏瀉心湯などといった漢方薬が有効となることあります。

大腸や小腸などに器質的な異常を伴わず、それらの機能異常により下痢や便秘を繰り返す疾患に過敏性腸症候群という概念があります。この過敏性腸症候群の治療も行っております。

 =================================

まついファミリクリニック
内科・外科・小児科・小児外科
502-0813 岐阜県岐阜市福光東3丁目9番の7
TEL 058-233-2345
https://matsui-familiar-clinic.com

=================================