手足口病まだ流行ってますね。

手足口病がまだ流行っています。

手足口病の原因ウイルス:コクサッキーウイルスA16型、A6型、A10型、エンテロウイルス71型などが原因で原因ウイルスが複数存在します。(ヘルパンギーナという病気も同じコクサッキーウイルスが原因になります。)複数のウイルスが原因になるので1回かかった2度とかからないというわけではないです。

潜伏期間:3−5日程度です。

感染様式:接触感染や飛沫感染。

症状:発熱やのどの痛みから起こることが多いです。熱は通常いわゆる高熱ではなく38度台までです。発熱して数日経過して、手や足、口のまわりなどに2~3mmの赤い発疹や水ぶくれ様発疹が現れます。手のひらや足の裏のしわに沿った水泡様の発疹が特徴的です(わからない時もあります。)スネや膝、腕やひじ、肛門周囲に出ることもよくあります。(手足口お尻病か?なんていうこともよくあったそうです:院長談)発疹は7−10日程度で皮がめくれるような感じで無くなります。1ヶ月ぐらいしてから爪までめくれてしまうこともありますが、めくれてもそのまま自然に元に戻ります。

風邪ですので、こじれれば髄膜炎や脳炎、心筋炎などになることもあるといいますが、通常はひどい症状を起こすことなく必ず治る病気です。

喉が痛くなってなかなか食べたり飲んだりれなくなることが問題となる病気です。当然口から取れない場合は入院になりますので、水分中心で塩辛いものや酸っぱいものなど口や喉の水泡にしみるようなものは避けて、ご飯を食べる代わりに口当たりが良いものを中心に飲ませる食べさせることで喉がなおるのを待つことが大事だと思います。根気よく水分を与え、あるいはミルクを与え、ゼリーやアイスクリームなど口当たりや喉越しが良く、小さなお子さんが好むようなものを与えて乗り切りましょう。したがって口からなかなか入らずおしっこも出ないような状況は大至急救急病院へ連れていく必要があります。

余談になりますが、うちの4歳の息子も8月末から9月にかけて手足口病になりました。38度台の高熱が出て喉が痛いというのでコロナの検査をしましたが、陰性。その後手足に発疹が出るようになり、「あー、手足口病か!!」ということで、ご飯は食べてくれないので、ゼリーを食べさせたり、アイスクリームを食べさせたり、牛乳を飲ませたりして、なんとか乗り切りました。膝や肘、腕やスネの発疹がひどかったですが10日ほど経つと皮が剥けるように全て脱落して綺麗になりました。(私は実家でコロナで隔離療養中でしたので、必死で看病してくれた妻に本当に感謝。)

5歳までのお子さんがよくかかると言います。気をつけるといっても、なかなか罹らないように気をつけようがない病気です。かかってもめげずに喉が痛くて食べられなくても根気よく飲ませる食べさせるが大事ですね。

=================================

まついファミリクリニック
小児科・小児外科・内科・外科
〒502-0813 岐阜県岐阜市福光東3丁目9番の7
TEL 058-233-2345
https://matsui-familiar-clinic.com

=================================