コロナの検査

みなさまおつかれさまです。

最近コロナウイルスの抗原検査キットが品薄になり、検査が難しい状況にあります。ニュースにもなっています。熱っぽい人がやってきても簡単に検査ができなくなってきているのが当院でも実感されるようになってきました。検査をしたくても検査キットが不足してきております!

それに加えてPCR検査も検査結果が出るのに相当時間がかかるため、第5波の時に2日後に結果が出るということはたまにありましたが、今ではそれどころか3−4日経たないと、結果を返してもらえない状況になっています。

保健所も手いっぱいで患者さんとなかなか接触できません。

つまり、患者さんによっては、受診して検査結果が出るのに4日。その後保健所に連絡し、その保健所が患者さんと接触するのに3日かかり、症状が出て受診してから1週間放置になりうる本当に危機的な状況です!!

日本としてPCR検査の拡充を怠ったことと、抗原検査キットを一般に広げすぎて、個人個人が自分の思いで勝手に検査し、それ自体は国の政策に従った行動であり、正しいのですが、そんなに安易に検査をすれば、本当に必要な人への検査ができなくなることを少しも予想せずに、手っ取り早い方法として抗原キットのバラマキを行なって検査体制の拡充を行ったふりをしていたことに問題があると思います。

検査や診療体制が十分でないのに、欧米や諸外国の状況に追随し、オミクロン株が重症化する頻度が低いことへ油断し、人流抑制を侮り、感染制御を怠ったことが原因だとも思います。

家庭内感染も問題になってきていると思います。なぜなら、家族の一人が感染するとまずは自宅待機をしいられますが、入院施設や宿泊施設が潤沢であれば、すぐにその家族は入院または入所できるので、他の家族と早期に切り離されますので、他の家族が巻き添えを食らうことが少なくなります。しかし、今のように検査に時間がかかって保健所からの連絡にも時間がかかっては、他の家族も感染してしまい、感染者が増加し、さらに保健所の機能が損なわれ、感染者が増え続けるという悪循環が目に見えています。

オミクロンは重症化しないとはいえ、それでも感染していることで色々な制約や問題により苦しんでいる多くの人たちがすこしでも楽になるように、感染していない我々一般人はこれ以上の感染を広げないために慎重な行動をとり、感染回避をできるだけ務めましょう。(それでもかかるのがオミクロンかもしれませんができるだけのことはやりましょう。)

引き続きPCR検査は今まで通り当院で検体を採取し検査を外部委託して行ってまいります、可能な範囲での抗原検査も実施してまいろうと存じます。

 

まついファミリアクリニック