こどもの鼻がだらだら続くなら吸引機を購入されてはいかがでしょうか?

お子さんは鼻水が出ない日はないぐら鼻水に悩まされます。

特に乳児の場合は鼻閉(鼻詰まり)は哺乳を妨げたり、睡眠を妨げる要因になります(鼻呼吸をしているので)。

良い薬があるかといいうとなかなかありません。

鼻ぐずるずるだったり、鼻が詰まるお子さんに抗ヒスタミン剤をよく出されますが、これらで鼻が治まるかというと必ずしもそういうわけではありません。

鼻が出るということは、鼻粘膜にウイルスや細菌の感染、あるいはアレルゲンによる刺激が生じ、免疫担当細胞からヒスタミンなどが分泌され、その作用で血管透過性が高まり、鼻粘膜が浮腫状になり、鼻汁が過剰に分泌されるということですので、抗ヒスタミン剤が投与されるわけですが、いわゆる第一世代といわれる部類の抗ヒスタミン剤は中枢神経系へ対する抑制作用が強いため、子供の快活な日常生活を阻害したり注意力を低下させたりして、デメリットもあるので処方は限定的となります。(けいれんのある方へも処方しないほうがいいといわれています。)第2世代といわれるものはそのようなことを生じないので、(花粉症の季節に大人たちも飲んでいます)お子さんにも優しいです。ただ、鼻水を止めて乾燥させる作用は第一世代のほうが強く第2世代はそこまでの効力がないので、鼻に効く薬を出してもらったのに全然効いてないじゃないか!とお叱りをいただくこともしばしばです。去痰剤も鼻や痰が絡むのをほどいてくれる良いお薬ですので鼻詰まりなどで困っている人にはもってこいのお薬で当院での処方率も高いです。

 

さて、鼻水鼻詰まりには、やっぱり鼻をよくかむことが大事です。正しい方法でかむ必要がありますが、かめなかったり、かまないと、鼻づまりがつづき、副鼻腔といわれるお鼻とつながっているたくさんの小さなお部屋に細菌がよどんで感染し熱の原因になったり(副鼻腔炎)、耳管と喉との交通も妨げられた中耳炎になったりしますし、鼻炎自体も長引きます。

 

でも子供はなかなか鼻をかめないもの。

 

病院で吸引するのも最近はコロナの関係で難しいことも多いですし、仮に吸引しても一時的に鼻閉が取れるだけで再度閉塞すればまた元通りです。

 

コロナ禍だからこそとも言えるかもしれませんが、鼻閉で悩まれるお子さんのおられるご家庭では家庭用の電動吸引機をご購入されるのが良いと思われます。(たぶん15000円ぐらいででネットで売ってます。)

お鼻にフィットするようなアタッチメントが数種類ついてますので、お子さんにあったものを選んでいただき、簡単に吸引できます。なかなか暴れる場合でもパパとママが協力すれば吸えますし、最近のお母さんは強いですので暴れても問題にならないと思います。

 

ちなみにうちにも3歳の子供がいますが、生後7か月に吸引器を導入しせっせと吸っています。(筆者自宅に何も考えずに買ったのはたまたまスマイルキュートという吸引器でした。吸引圧20㎝H2Oぐらいから開始して、吸えないと躍起になって高吸引圧にすることもありますが、あまり高い吸引圧で吸いつづけすぎると耳を痛がったりすることもありますので控えめに吸ったほうがいいと思います。)私は家庭用吸引機の恩恵にあずかったことはなく耳鼻科でえらい目にあったと被害妄想が強いので実は鼻をかむのが苦手なのですが(耳鼻科の先生は大好きです)、子供は鼻を出すことが吸引器のおかげもあってか得意になり、手伝えばお鼻をかめますし、今ではお鼻が詰まってえらいときは、自分で吸引機片手に鼻みずを吸ってしまうほどになりました。(むろん妻に感謝。。)

 

吸引器。なかなかの代物ですのでどうぞご検討ください。

 

 

まついファミリアクリニック