新型コロナウイルスワクチン

 

新型コロナウイルスのワクチン接種がついに始まります。まずは医療関係者などからになりますが、4月以降で高齢者やハイリスクの方から優先的に接種が始まる模様です。私たちも接種していただく予定です。

 

今回ファイザー社製のワクチンが承認されましたので「コミナティ筋注」とよばれるこのワクチンについて簡単に報告します。

 

ファイザー社のワクチンは新型コロナウイルスを感染性を弱めたワクチンではないので、ワクチンを打つことで新型コロナウイルスにかかるわけではありません。

 

ではどうやって免疫を人間に持たせているのでしょうか?コロナウイルスが持っているスパイクタンパクとおなじたんぱく質を作り出すための設計図(メッセンジャーRNAとなっております。しかも非複製性だそうです。無限に増えたり、ヒトの遺伝子に変異を来すことはないというだと思います。)を体に打ち込んで、人間の細胞がそれを基にコロナウイルスのスパイクたんぱくを製造させ、血中などに放出されたこのたんぱく質に対する抗体を体に作らせます。そしてたとえ新型コロナウイルスが体に侵入してきても、そのウイルスの一部であるスパイクたんぱくを体が覚えていれば、「コロナウイルスだ!!」と認識できるので、免疫力でやっつけられるという仕組みになっています。ちなみに、このスパイクたんぱくなるものは人間の細胞内にコロナウイルスが侵入するために必要なタンパクだそうです。

 

今回のファイザー社のワクチンは3週間開けて2回の筋肉注射となっています。ファイザーのワクチンを打った方は、2回目も同じワクチンを打つ必要があり、ほかのアストラゼネカやモデルナのワクチンは打ってはいけません。

 

接種により95%の人が予防できるとされています。最近話題の変異ウイルスに対しても一定の効果があるといいます。(インフルエンザのワクチンでもA型にはかなりの抑制効果があってもB型には半分以下しか効果がないという事実もありますので、今回のワクチンの形態が今までのワクチンと異なるmRNAワクチンなので、インフルエンザと同じだと言ってはいけないかもしれませんが、ウイルスのサブタイプによって多少の効果のばらつきがあることは仕方ないと思います。)

 

問題の副作用ですが、注射個所の痛み(84%)、疲労(63%)、頭痛(55%)、筋肉痛(38%)、悪寒(33%)、関節痛(24%)、下痢(15%)、発熱(15%)、注射個所の腫脹(10%)、悪心嘔吐(5%未満)などの症状がおこります。それ以外の症状は、例えばかゆみ、むくみ、めまい、不眠、かぜ症状などは1%未満とされています。

 

ニュースでよく言われるアナフィラキシーショックは頻度不明ですが、アレルギー体質の方(花粉症やアトピーは無視していいと思いますが)は注意が必要です。したがって、接種後15分から30分の接種会場での経過観察が必要となっています。(当院でも最近は特に乳幼児など小さなお子さんはワクチン接種後15-30分経過観察させていただくようにしています。この接種後しばらくの経過観察はワクチン接種のガイドラインでも述べられていることでして、今回のコロナワクチンに限ったことではありません。)

 

接種可能な年齢が16歳以上となっていますので小さなお子さんや小中学生の方は対象外です。

妊婦さんも対象外です。アメリカは除外すべきでないとしてますし、イスラエルでは積極的な対象となっているそうです。他方、カナダやイギリスは対象外となっているようです。日本産婦人科学会は妊娠希望の方は妊娠する前に接種をしたほうが良いと言っています。そしてパートナーーは母子への感染を防ぐ意味で接種をすべきとしています。生ワクチンの接種後は通常2か月の避妊が必要といわれています。接種後妊娠までの期間は生ワクチンではないのでそれほど開ける必要はないといいます。)

 

このワクチンは2万人ずつのヒトで本物のワクチンと偽物のワクチンを無作為に接種して得られたデータをもとに効果と安全性が実用可能なレベルであると海外で判定されていますので、確かに長期的な問題についてはまだわかっていないと思いますが、世界中の人々がワクチンを接種するということを行わなくては病気でまたは経済的な理由で社会が破綻するという地獄を救えない状況ですから、ワクチン接種は全世界の人々の義務であると言わざるをえないのではないでしょうか?あとは治療薬が早く完成するとより安心ですけどね。

 

当院でお手伝いできるかどうかはまだわかりませんが、当院が“ワクチン接種が可能な医療機関”となりましたらホームページや院内でお知らせいたしますが、2月現在まだ当院での接種はできません。

 

まだわかりませんが、もし当院で接種できることとなりましたらすみやかにご案内いたします。

 

 =================================

まついファミリクリニック
内科・外科・小児科・小児外科
502-0813 岐阜県岐阜市福光東3丁目9番の7
TEL 058-233-2345
https://matsui-familiar-clinic.com

=================================