内科(消化器疾患(肝臓、胆のう、胆管、膵臓、脾臓)))

消化器と言いましても胃や大腸ばかりでなく、肝臓や膵臓といった臓器もございます。これら臓器についての診療も行っております。

腹部の症状は消化管に起因する症状が考えやすいですが、お腹の中には、肝臓、胆のう、胆管、膵臓、脾臓などといった消化管とは別の消化器官が原因で症状が起きていることもあります。この場合は一般的な内視鏡検査では診断が難しいです。血液検査や超音波検査、視触診聴診を通して肝臓・胆のう・胆管・膵臓の病気を把握いたします。当院には肝機能や膵機能を評価するための血液検査システムがあり、血液サンプルがあれば最速で15分−20分程度で結果を把握できます。(採血やデータの出入力、検査機器のセッティングに時間を要しますので、説明するまでにやはり30−60分の時間はかかることが多いです。)また、基幹病院級の超音波診断装置(エコー)がありますので、臓器などによってはCTには及びませんが、超音波検査はCTのような大量の被曝を伴うことなく体に負担をかけることなくお腹の中の状態について詳細に把握することが可能です。これらの臓器の疾患は重いことが多いので、病気によっては基幹病院へ紹介いたします。その際に診断がつき慢性的な疾患であり定期的なチェックが必要な場合はその後の診療は当院で承ることができます。

近年膵臓がんや胆管がんが(特に膵臓がん)が増えつつあります。また、肝炎ウイルスが徐々に淘汰されていく中で、メタボリックシンドロームに起因する脂肪肝炎に伴う肝がんも注目されております。一般的な検診ではなかなか見つからないですし、症状が出る頃には進行していることも結構あります。あまり馴染みのない領域のがんですが、今後はこれら領域のがんについても胃がん大腸ガン同様に注意していく必要があると思います。

急に体重が減った、体が黄色くて痒い、便が白っぽい、顔色が良くない、だるい、背中が痛む、お腹が張る、検診で急に糖尿病を指摘された、など心配な方は一度ご相談ください。

 

 =================================

まついファミリクリニック
内科・外科・小児科・小児外科
502-0813 岐阜県岐阜市福光東3丁目9番の7
TEL 058-233-2345
https://matsui-familiar-clinic.com

=================================